Event is FINISHED

(10/6 神戸) 第1回「要件定義vs町のお医者さん」(譜久山剛先生(医療法人社団医仁会ふくやま病院理事長))

Description

若手ITエンジニアが日々直面する仕事上の問題、障害、悩みごと。
異業種のプロフェッショナルの「ことば」から、その解決のヒントを学びます。
全10回(予定)の対談シリーズです。

(当シリーズは、学生さん参加無料です)

【講座の概要】
「要件定義」――それは、ソフトウェア開発の成否を決めると言っても過言ではない、重要な開発フェーズです。本来、要件定義書はユーザーが作成するものと定義されていますが、現実にはユーザーからのヒアリングをもとに、ITエンジニアが作成することが多いでしょう。しかし、そこには業務知識の壁と、共通言語の不足によるヒアリングの難しさが立ちふさがります。こうした、ユーザーとITエンジニアの関係は、何かに似ているのです。そう、お医者さんと患者さんの関係に。「なんとなく腰が……」「おなかがシクシクして……」その「なんとなく」「シクシク」の正体をさぐり、治療という「ソリューション」に至るお医者さんの経験知は、ITエンジニアのヒントになっちゃったりするのです。
今回、ふくやま病院理事長の医師、譜久山剛先生をお迎えし、ITエンジニアが陥りがちな「要件定義」の落とし穴について、お医者様ならではのアドバイスをお伺いします。また、電子カルテを導入されたご経験から、病院のシステムについての知見も伺います。「お医者様のお仕事」についても、いろんなお話を伺ってしまいます! 乞うご期待。


【講師プロフィール】

譜久山剛(ふくやま つよし)先生
医療法人社団医仁会 ふくやま病院理事長。長崎大学医学部卒業、神戸大学消化器外科(旧第一外科)所属。兵庫県立姫路循環器病センター、大阪府済生会中津病院、神戸医療センターを経て、平成13年6月より当院に勤務。平成16年2月に院長就任 平成29年4月に医療法人社団医仁会 理事長に就任。

福田和代(ふくだ かずよ)(聞き手)
ミステリー作家、デジタル・ケイブ代表。19年間のシステムエンジニア生活を経て、航空謀略サスペンス小説『ヴィズ・ゼロ』(青心社)にてデビュー。当シリーズでは、元システムエンジニアとしての体験と、取材大好きな作家の好奇心を最大限に生かして、皆様からお話をうかがいます。

【ITエンジニア異業種10番勝負 対談シリーズについて】
若手ITエンジニアが直面しがちな問題・課題や悩みごとについて、さまざまな異業種のプロフェッショナルとの対話から、ヒントを探す対談シリーズです。多様な職業の皆さんが登壇される予定です。

ただいま、シリーズ統一ロゴマークを制作中!

 (主催: 苦楽堂   / 共催: デジタル・ケイブ)


【その他】
・15:30から開場いたします。
・全席、自由席です。
・ドリンクバーがついております。ご自由にお使いください。
・会場となる「デジタル・ケイブ」は、ふだんはカフェとして営業しています。座席も、カウンター席以外は、2名様、4名様のテーブル席仕様となっているため、相席をお願いする可能性もございます。


〇内容に関するお問い合わせ
苦楽堂[ info@kurakudo.jp / Tel. 078-392-2535] まで

〇参加・チケットに関するお問い合わせ
 株式会社デジタル・ケイブ (担当:福田) 
 Tel. 078-334-7080
 kazuyo.fukuda@digitalcave.co.jp

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#479508 2019-10-03 13:45:40
Sun Oct 6, 2019
4:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般入場券(全席自由、ドリンクバーつき) SOLD OUT ¥2,000
学生入場券(学生さんのみ、全席自由、ドリンクバーつき) FULL
Venue Address
神戸市中央区東町123−1 Japan
Organizer
デジタル・ケイブ
123 Followers